がんばれ大分トリニータブログ

今度はドイツ?またしても海外からトリニータを見守るブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
フランクフルトサッカー事情
 
写真は去年なでしこが世界制覇したスタジアム。

あちこち遠征してるのですが、肝心のフランクフルトを紹介していないのでご紹介。
フランクフルトには現在ブンデス2部の2チーム、アイントラハト・フランクフルトとFSVフランクフルトがあり、女子ブンデスリーガ(1部)の1.FFCフランクフルトがあります。

Eフランクフルトは、去年まで1部に居たし、欧州タイトルも取った事のある古豪。
その昔は高原や稲本もプレーしていました。

FSVは戦前は強豪だったみたいですが、近年はあまりふるわないようで、今年2部に上がってきたチームのようです。

女子の1.FFCは、なでしこの熊谷さんが所属しているクラブで、女子でも有数の強豪チームだそうです。 

アイントラハトの試合を観に行った時に、駅を降りてまず驚いたのは、そのガラの悪さ。
ドルトムントやシュツットガルトで感じた、”安全なブンデスリーガ”というのとはちょっと違う雰囲気。観に行った試合は、上位対決でも何でも無い試合だったんですが、駅を降りたらいきなり騎馬警官。
これの何が凄いかというと、ドルトムントもこの間のルールダービーの時は騎馬警官いましたが、アウグスブルグの時は居なかった。この騎馬警官の威力は、数百人単位のサポーター同士の揉め事を数頭で分ける力があり、2部にして、しかもただの試合でのこの警備、ワクワクします。

沿道は、これまでの試合観戦の時とは全く異なり、やたらと酒臭い。そして、タムロしているヤカラ多し。
沿道の屋台でひたすらビールを飲んでいるそのすぐ脇の雑木林で、数十人単位で並んで立ちションしている。
なんとガラの悪い。最高です。フランクフルト。
ちょっと写真を撮るのもためらわれる迫力。

これがなでしこが世界を取った聖地です。半端無くビール臭いですが。
この日は下位のチームと対戦で、それでも2万5千人くらいは入っていました。
ゴール裏はこんな感じ。おそらく、トラメガではなくマイクとアンプでリーダーはやってたみたい。柏スタイルというか、ジャイアンリサイタルというか。
なかなかの迫力でした。何より、どこのスタジアムよりもヤカラが多い。
試合の途中で出てきた、PCのエラーメッセージを模したなんらかの抗議幕。当然意味分からず。ドイツ人のつむじは左巻き。

この試合は、あっさりフランクフルトが勝利し、盛り上がりました。

別の日に女子の試合も観に行きました。なでしこの熊谷選手が所属しており、フランクフルトの日本人社会のアイドルになりつつあります。

スタジアムは、夢の島みたいな感じ。メインスタンド以外は全て芝生の立ち見。
4番が熊谷さんです。
プレーは、個の能力では全く問題ない物の、まだ来て間もなかったこの頃は、連携に問題がある様に見えました。特に強い相手とやった時のマークの受け渡しというか、ラインの連携がかなり悪く、問題がある時に立て直せてなかった。言葉の問題はありそうです。
この後、レギュラーを外れたりした時期もあるようです。頑張れ。

女子とはいえ、好カードになるとこのように満員に。
この試合は1万人近く入っていました。しかも殆ど立ち見。

と、2部であろうと、女子であろうと多くの観客が詰めかけています。
ドイツ人は本当にサッカーが好きなんだなと。

来週はいよいよフランクフルトダービー。
1週間前ですが、チケットはほとんど売り切れ。
あのヤカラ感たっぷりのスタジアムが満員になるのが本当に楽しみです。

| もり | ブンデス観戦 | 22:50 | comments(1) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 22:50 | - | - |
私も10/11シーズンのグラッドバッハ戦を東スタンドで観戦したさい、
デ・カマルゴの決勝ゴールで敗戦した地元ファンが、
椅子を蹴破って帰ったのを目撃しました。

ヘッセン州は教育程度が低いって川口マーン惠美さんも
おっしゃってましたね。
| 低ライン地方の11人 | 2012/02/18 5:39 PM |










 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
SPONSORED LINKS

このページの先頭へ