がんばれ大分トリニータブログ

今度はドイツ?またしても海外からトリニータを見守るブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
EURO閉幕
ああ、お祭りも終わってしまった。
優勝ギリシャって…。
良いチームだということは全く異論は無いんだけど、果たして優勝にふさわしいチームだったのか。
まぁ、何を言っても優勝したんだからギリシャが一番ということなんでしょう。

シュート3本のチームが、唯一のCKから点を取って勝つ。
素晴らしい、サッカーにはそういうことも起こる。
持たざる者でも持てる者に挑みかかることができる。
夢がある。

でも、3試合も4試合も続けるな、いや、続けさせるな。
今回の大会のこの結末は、”持てる者”達が本当に勝利に飢え、勝利のためにベストを尽くさなかった事を物語っている。
ギリシャと戦ったすべての対戦相手がギリシャくらい真摯にこの大会に挑んでいれば、1試合くらいはギリシャも勝てたかもしれないが、ここまで勝ち続けることはできなかったはずだ。
こんな結果を産み出せるほど戦術だけが突出して万能であるはずが無い。

僕がこの大会を通じて応援していたチェコとポルトガル、この2チームを撃破し優勝したギリシャ。
僕はギリシャが嫌いになった。
もちろん、尊敬はするけど。
ドイツで、次のEUROで、ギリシャが無残に敗れ去るのを楽しみしていよう。
ギリシャはもう追われる立場になったはずだ。
あのクソ面白く無い手堅いサッカーをぶち壊す組織、ぶち壊す個性を心から待っている。

また一方彼らのおかげでで夢も見れる。
ギリシャがEUROで優勝する可能性は、日本がW杯で優勝する可能性や、大分が優勝する可能性とそんなに大きく違わない。
俺たちにだってできる。
持てる力を最大に発揮する戦術を持って、一人一人が持てる力を全て出し、120%の集中を貫き通せば俺たちだって磐田や市原に勝てるはずだ。
俺たちだって優勝カップを掲げることができるはずだ。
ありがとう、ギリシャ。

優勝カップ掲げる気分ってどんな気分なんだろう。
| もり | EURO2004 | 23:10 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 23:10 | - | - |
トラックバックとコメントありがとうございます。
EURO優勝国の歴々としたあの国々の中に入るのはまだ早いと思うんですよね、ギリシャ。
でも、朝早く起きて見るフットボールは本当に楽しかった。
日中は辛かったけど(笑)
| | 2004/07/09 12:09 PM |

ユーロ、終わっちゃいましたね。
熱い3週間でした。
くそ面白くない(笑)サッカーと思ってる人は多いみたいですねぇ。
かくいう私もその一人でして・・・。
トラバしますねー。
| kissh | 2004/07/08 12:13 PM |










http://lovetrinita.jugem.cc/trackback/54
個人的にはあり得ない結末
まさかというかやはりというか、今年のユーロは史上初となる開幕戦と同じカードによる決勝戦。 開催国ポルトガルvs大躍進ギリシャによる因縁の対決。 オランダが消え、チェコが消えた今の俺は、もうどちらが勝ってもいい状態で、かえって冷静に戦況を見ることが出来た
| ケンチク者 | 2004/07/08 12:12 PM |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS

このページの先頭へ