がんばれ大分トリニータブログ

今度はドイツ?またしても海外からトリニータを見守るブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
金の9番アイアン、銀の9番アイアン
今日、午後後輩を連れてお客さんとゴルフ。
先方からガチのスクラッチでの勝負を申し込まれたため。

気温は10℃弱くらい。そして、2番から小雨。
非常に寒かった。

事件は5番のショートホールで起きました。
後輩は颯爽とオナー(前のホールで一番良いスコア、最初にティーショットできる)に。
池越えのショート、狙いを定めて、ショット。

すると、雨に打たれて握力が無くなったのか、グリップが滑ったのか、ヒュンヒュンと勢い良く回転しながら池に向かうボールではなく、9番アイアン。

ティーグラウンドに居た4人全員の時間が止まる。

嘘でしょ?嘘でしょ?クラブ投げるスポーツじゃないよね?
池に落ちるな、嘘だろ、早く着地しろ。

と、心で祈っていた。
しかしながら、あまりに時が止まったため、悪いもりが姿を現したようだ。
(ここまで来たら)行け、イケ、池〜!

ボチャン。

彼の9番アイアンは、無惨にも池の中に。
30ヤードは飛んだんではないだろうか。
一応、ギリグリップが見える物の、到底手が届く範囲ではない。

そして、全員が池に飛ぶ9番アイアンに心を奪われていた中、一人の人が気付く。
『あ、ボールは乗ってる。ナイスオン。』

代償は大きかった。

さすがに、あなたの落としたのはこの金の9番アイアンですか?それとも銀の9番アイアンですか?と聞いてくる女神もおらず、救出は断念。

ゴルフ自体は、氷雨振る中、9番までやって、ギブアップ。
手も凍えるような中、一応4人の中ではベストスコア。

明日も寒くて雨なんだけど、別のお客さんと勝負。
はたして、できるかなぁ。
| もり | Michigan | 11:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 11:57 | - | - |









http://lovetrinita.jugem.cc/trackback/483
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
SPONSORED LINKS

このページの先頭へ