がんばれ大分トリニータブログ

今度はドイツ?またしても海外からトリニータを見守るブログ
休日満喫中
 今回、飛行機のチケットの都合もあって、久々に1週間近く帰省している。
そして、全力で大分を満喫中。

福岡空港から中津に入り、墓参り、おいしい食事を満喫。
翌日は、父と幼なじみの友人、ノンさんと別府の森でゴルフ。

黄砂が凄くて呼吸が苦しい程でしたが、久々に楽しいラウンド。

スコアは、前半はしっかりまとめて46だったけど、後半練習不足・体力不足・集中力不足から51も打っちゃって結局いつもどおり。

凄かったのはノンさん。荷物が重いということで、レンタルクラブでプレーしたんですが、ドライバーが当たる当たる。
買って帰ろうかと思ったんですが、ちょっと傷だらけ過ぎたので、東京でもう少しコンディションのいい同じクラブを探すことに。

ミズノのJPX E310というクラブ。SRシャフト。ロフトは10度。
こんな可愛くないクラブでバカバカ飛ばしてました。
ノンさんは久々の100切り。95でした。負けました。

もう一人えげつなかったのが父。
長いパットをパカパカ沈め、夫婦でがっぽり絞られました。
そういえば、賭け事には強いと言っていたような。。。

翌日、大分へ移動し、まーくん家へ。しばらく伺えないのでご挨拶してきました。
そして昨日はトリニータの試合を見にドームへ。
久々に会う人も多く、やっぱホームは良いね。
試合中はnakaさんと観戦。
試合は…、でしたが、楽しかったです。

試合後、いつものみなさんとサイコーの飲み会。
寅兄さんとも電話で話し、非常に楽しいひとときでした。

今日は湯布院へ移動し、また両親と一泊。明日帰京します。

休みが明けると、赴任に向けて一気に忙しくなります。
戻る場所がある、ということを幸せに思い、新しい挑戦に全力でがんばろうと思います。

| もり | diary | 10:48 | comments(0) | - |
ご報告
 ご報告があります。

先日、内示を頂きまして、6月からまた海外赴任になりました。
今度は、欧州。
ドイツになります。

実はひっそり南米狙っていて、いや、別に会社に予定は無かったんですが、これから重要だろう、ということで、近々出るに違いない、と妄想して、勝手にスペイン語を勉強していましたが、ドイツ。
言われた瞬間、参考書を投げ捨てました。

ドイツ語の几帳面に何でもかんでも変形したがる、しかも名詞に男性と女性と中性まで細かく細かく分類しやがる状況に発狂寸前です。

とはいえ、まさか自動車の本場、欧州で勝負出来る日が来ると思ってなかったので、非常に楽しみにしています。
そして、間もなく到来するであろう、ドイツサッカー界の黄金期に立ち会えるのではないか、と一人で盛り上がっています。

ということで、最近めっきり現場に出られていないですが、朗報です。
トリニータも大躍進するでしょう。
今年の観戦は5/4だけになります。
ホームにお邪魔しますので、ヨロシクお願い致します。
| もり | diary | 05:56 | comments(0) | - |
デアゴスティーニ!
部屋の片隅に音も無く積み重なっていた、我が家のデアゴスティーニ。
遂に、ノンさんが痺れを切らし、作る!と言い出しました。

気付けば、20号以上溜まっていた。

中々にチマチマした作業に発狂気味ながら、7号まで終了。

早速、ネジをやっちまって、2号3号追加注文。
見事にデアゴスティーニ商法にやられとります。

しかし、最近の接着剤は、性能良いね。
大昔ガンダムを作っていた頃のとは大違い。

チマチマ作り続けます。
| もり | diary | 12:30 | comments(0) | - |
見せてくれ、フットボールの力を
今晩いよいよチャリティーマッチが行われます。
まだまだ週末にフットボールのある日常には戻っていないけど、遂にフットボールが復活の狼煙を上げます。

個別のチャリティーマッチは行われていたけど、本格的なゲームが震災後、初めて行われます。
この試合から、という事が非常に意味があると思う。

フットボールのチカラを見せて欲しい。
フットボールには人の心を動かす何かがある。
僕らはそれを知っている。だから、今晩の試合にはとても期待している。
気持ちのこもったゲームからは、伝わる物がある。それを期待している。
出来る事なら、今晩は急いで帰ってしっかり見届けたい。

フットボールのチカラを。
困難に立ち向かう僕らのチカラを。
立ちあがる日本のチカラを。
| もり | diary | 07:02 | comments(0) | - |
前へ
まだまだ多くの方が苦しんでいるのは承知の上で、少しずつ日常へ戻し、前へ進んで行きたい。

もちろん、電気の状況とか、被災地の方々の事を一切考慮しないとかではなく。

むしろ、常にそれを心の奥においた上で、きちんと日常を楽しむように舵を前に切りたい。いつものように。

今までと同じ、では無いと思うけど。

やり方に気をつけながら、日常を楽しむように。

サッカーなんかで勇気は与えられない、と言う人が居る。
被災地では、見られないと。
正直わからん。
でも、ラジオや新聞で、ネットで、自分たちの為にいろいろな事をやっている、という事は伝わる。
さらに、もっと言うと、一番大切な事は、被災地に居ない人間に、苦しんでいる方々がたくさんいる事が伝わり、考えるきっかけになる。
そして、半歩でも、一歩でも日常に近付く。
だから、必要だと思う。
サッカーも、野球も、ライブも。
人の心を動かせる物は全て。
自粛だけが全てではない。

大切なのは、どうやるか、と言う事を考えながらやる事。
停電中にナイターは無い。
| もり | diary | 07:20 | comments(0) | - |
節電
五日ぶりに職場に戻ると、節電がエライ事に。
全てのエアコン、電気のスイッチの前に、『節電!』と大きく書いた紙が貼ってあり、エアコン入れられない雰囲気。
今日は結構冷えたので、室内もかなり寒かったのですが、NOエアコンでした。

このような小さな努力の積み重ねが停電の見送りを成し遂げているのではないかと思います。

なんで、東京ドームには腹が立って腹が立って。

文京区も計画停電してしまえ!
| もり | diary | 22:12 | comments(0) | - |
つかの間の休息

震災前から決まってたんだけど、母の十三回忌で、帰省します。
お休みも一日長めで。
会社の皆さんには申し訳ないですが、束の間の休息です。

上司も快く許可してくれました。
楽しみです。
| もり | diary | 07:12 | comments(0) | - |
停電
本日ついに停電が起きました。
3時過ぎからの予定であったため、会社は一般社員を2時に帰す事に。

うちの課は若いのが多く、寮生ばかりなので、ギリギリまで働いて貰った。
近いから。

うちのオフィスは、非常用電源があり、停電でもある程度は問題無く働ける事が判明。
パソコン程度は使えた。

暗い中でパソコンやってたんだけど、意外と集中出来た。
でも、疲れた、ちよっと。

夜も、自宅だと気にならない揺れも凄く気になり、余り眠れない。
仕事も、異常事態で張り詰め、日本中がそうだと思うけど、緊張感が凄い。

みんなが心配です。
頑張るしかないけど。
| もり | diary | 22:57 | comments(0) | - |
本日は。
停電なし。
原発で戦っているエンジニア、あなたたちに日本がかかっています!
頑張れ!
あなたたち自身のご無事も含めて祈ってます。





東電のお偉方は…。
| もり | diary | 22:20 | comments(0) | - |
間も無く40分経過
電気、消えず。
しかし、無策な政府です。

こんな中途半端な対応、日本中の企業が持たない。

何を動かして、何を止めるか。
リーダーシップが問われるはず。
僕らは、覚悟できるはずなんだけど。
| もり | diary | 18:57 | comments(0) | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ