がんばれ大分トリニータブログ

今度はドイツ?またしても海外からトリニータを見守るブログ
大分 徳島戦写真
 照り付ける日差しにぼーっとしながら、ピッチ上でもぼーっとしてしまう試合でした。
バックスタンドで観たんだけど、周りのお客さんがイライラし、どんどん試合途中で出て行ってしまう感じに非常に危機感を感じました。
勝敗云々の前に、もっと若いチームらしく、荒削りでも良いのでもっと前に、ゴールに向かうはつらつとしたサッカーをやった方が良いんじゃないかと思う。
ズルズル下がり、下げてるくせにあっさりと裏を取られ、蹂躙されるような試合でした。
もっと、抜かれても、抜かれても、それこそ、相手よりもたくさん走ることで、若さを生かして積極的にやってほしい。負けているのに、カウンターで走らない(走れない?)のは、若者らしくない。
本日のゴール裏。
キムタクカメラの実力。バックスタンドからここまで大きくできます。
俺の前俊。
本日も2回抜いたはずの相手に止められる、など目的を見失ったプレーで個人的に湧かせてもらいました。僕の居たバックスタンド付近では、彼がこねくりまわすたびに怒号。
試合の最後に大仕事しました。
俺の三木。
安定感抜群。というか、大分の攻撃に迫力がなかった。
三平君はチンチンにやられ、勉強になったことでしょう。
試合の80%以上の時間を、わずかなドームの柱の日陰で過ごす抜群のポジショニングは、さすが地の利を生かしているといわざるを得ません。
| もり | TRINITA | 17:01 | comments(0) | - |
高松
スカパーe2で生放送無かったのでダイジェストだけですが、久々の勝利ですね。
ひとつ勝つのが本当に大変、だから、ひとつひとつのプレーが重要。
この三ヶ月で何を学んだか。何を積み上げたか。
真価はこれから問われます。

大分がJ1に挑戦している時に入団し、華やかな舞台を共に歩み、栄冠を掴み、挫折を味わい、今も共に苦しんでいる。
怪我がちだろうが何だろうが、何と言っても、トリニータと共に歩んでいる選手。
高松のゴールで勝ったと言うのも大きいね。

さぁ、次の試合だ。
| もり | TRINITA | 09:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
さぁ、出陣だ。
ごぶさたしています.
最近は必ずこの出だしですねホントに忙しくて、土曜は殆んど休めてないです。
週休一日と最近は考えるようにしてます。

さぁ、開幕ですね。
当然ながら、今年は普段とはちょっと違う感慨を感じています。
去年、少しずつ歪んでいたクラブが限界に達しました。

その結果、多くの悲しい事がおき、存続の危機を迎えました。
多くの仲間の想い、頑張りと、手を差し伸べてくれた方々のお陰で、こうして今年も戦うことが出来ます。

本当に嬉しいことです。

状況は決して楽観できないけど、それでも闘える喜びを胸に共に戦いたい。

そして、喜ばしい事に、ピッチにはフットボールしかない。
90分間だけは、目の前の選手、周りの仲間と戦う事に没頭できる。

全ては、フットボールの中に。
愛すべき、フットボールの中に。
| もり | TRINITA | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
昨日の新年会
 昨日、EAST新年会にいらっしゃったみなさま。おつかれさまでした。
抽選会で当たったジャージ(下のみ)も会場からそのまま履いて帰りました。

さて、朝起きたらポッケに大金入っていて焦ったんですが、昨日預かった宴会のお釣りでした。
お約束通り、そのまま応援募金に振り込ませて頂きました。以上ご報告まで。

振込金額 11600円
| もり | TRINITA | 13:46 | comments(2) | trackbacks(0) |
エジ、梅ちゃん、哲平
 寂しくなるねぇ。やっぱり冬は大嫌いだ。
特に梅ちゃんにはきちんとありがとうを伝えたかった。

エジのスピリッツはきっと若手の心の奥に刻まれているはず。
どこに行っても応援してるよ。ガンバレ。
| もり | TRINITA | 05:05 | comments(0) | trackbacks(0) |
いい試合でした
 今日はスカパーでの生観戦でした。

気持ちのこもった、良い試合でした。
相手よりも走り、戦う。
これこそオレらの、大分のフットボールです。
もう何も結果は変わらないんだけど、戦い続けています。それで良いんです。
今日、ドームに来た人は、きっとこの試合を忘れないでしょう。
ゴール裏で共に戦った仲間たちの胸には、またひとつ年輪が刻まれます。
その積み重ねがクラブの歴史になるのです。

クラブは今苦境に立たされています。
過去、いくつものチームが同じような苦境に立たされました。
存続出来るか、否か。それは、地域がクラブを必要としているかの一点にかかっています。
大分のような、大企業の後ろ盾の無いチームは、地元が必要としなくなれば存続は不可能です。
でも、裏を返せば、大分の人が必要だと思い、行動しさえすれば、存続出来るのです。
決めるのは大企業のお偉方ではない。

大分にトリニータは必要ないですか?
必要だと思います。
地方に夢は必要ありませんか?
必要です。絶対に。

これからクラブは生き残る為に大きな痛みを受けるでしょう。
契約出来ない選手も出てくるし、思うようにはいかないかもしれません。

大分にクラブが必要だと形を見せましょう。
多くの観客をスタジアムに集めましょう。クラブが必要だと意思表示しましょう。

遠く離れていると、何も出来ない。非常に歯がゆい。
でも、僕は大分の仲間を信じています。みんなの判断を支持します。

大分にクラブを残す為に、サポーターが何をできるのか?
僕は行けませんが、みんなで意見をぶつけ合って下さい。

サポーターカンファレンス

退任した社長に付いては、こうなってしまった以上当然の事だし、頭に来る事もたくさんありました。
ただ、大分にフットボールクラブを興した事、この一点だけは感謝してもしきれません。
一回だけ言います。ありがとうございました。

僕は大学進学で東京に出て来てから10年間の間、家族も一緒に東京に移った事もあり、一度も大分に帰りませんでした。
一度大分の地を発ち、次に帰って来たのは母の納骨の時でした。
僕に取って”大分”は、忌み嫌っていた訳では無いけど、誇る物でもありませんでした。

そんな僕が、今では大分を誇りに日々を過ごしています。
誇れる物を持つ僕は、幸せだと思います。
| もり | TRINITA | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
まだ、戦いは続く
 一つの結果が出ました。
現地で戦った皆さん、お疲れさまでした。

ただ、こうなってしまったのは、別に10人の京都に勝てなかったからだけでもなく、14連敗してしまったからだけでもなく、全てここまでの一つ一つの試合、さらには一つ一つのプレーの積み重ねの結果でしかない。

長いシーズンの積み重ねで結果は決まるんだけど、全ては目の前のプレーの結果でしか積み重ねられない。そして、クラブとしての戦闘力というものも、トレーニング含めた一つ一つのプレー、様々な判断、行動、そういった物で積み上げて行くしか無いし、間違えば失って行く事もある。
それを改めて思い知らされたシーズンだったのではないだろうか。

昨日出た結果は、15位以上にはなれない。来シーズンの戦場は2部リーグ。これだけ。
シーズンは終わっていない。
一つ一つのプレーを大事に出来なければ、積み上げて行く事は出来ない。
積み上げるのは大変な作業で、壊れるのは一瞬の時もある。
これでシーズンを終えてしまったら、何の為にここまでやって来たのか判らない。

残留・降格というのは非常に重い結果。当然だ。
でも、それもクラブの歴史。良い事も悪い事も積み重ねながらクラブは厚みを増して行く。

残留にはなんの影響が無くても、試合が続く限り、戦い続ける。
それが出来なければ、再びトップリーグに戻る事も無い。

今までだって沢山の涙を流して、それを喜びに変えて来た。
もう一度、今までの事を糧に、積み上げて行こう。

さっき壊れるのは一瞬と言った。でも、どんなに壊れても無くならない物がある。
クラブの歴史。オレたちの誇り。

一つ一つ、目の前で起こる現実を大切に、戦い続けよう。
来年のステージは変わらないけど、まだ順位は2つ上げられる。
それも、長い歴史の中ではきっと意味が出てくる。

前を向いて。まだ何も終わってない。

| もり | TRINITA | 06:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
新潟戦
 悶々とした感じで向かった新潟だけど、やっぱ答えは現場にしかない。
勝利を目指して戦うという事が大切だと再認識出来た。
試合中はイラン事を考えている暇もなく、全てを忘れてピッチに向かい合えた。

試合は、負けなくて良かったと言えば、良かったんだけど、あれだけ新潟が外してくれれば流れは来るはずで、実際終了間際に来たビッグチャンスは、アレを決めて勝つしか勝ち目が無かっただけに、勝ち点1では足りない今の状況からは、負けたのと殆ど変わらない結果と言っても仕方が無いかなと思う。
あの流れで勝てないというのが、やはり今年の良く無い流れ、ということなんでしょう。



続きを読む >>
| もり | TRINITA | 19:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
いざ、新潟へ。
 こんなにゲームに集中出来ない気分で、ムカムカした気分で、週末を迎えるのは久しぶり。
選手もオレらも戦い抜かなければならないのは判ってるけど、余計な事で苛つかされてる。

正直、頭で考えていてもどのテンションで試合に臨めば良いのか判らない。
まぁ、全ては現場にある。
現場に行って、仲間の顔を見て、感じたままに動こう。

いざ、新潟へ。
| もり | TRINITA | 20:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
とりあえず、生きてます
 さて、ずいぶんと久しぶりな訳ですが、磐田戦、行ってきました。
しばらくアウェイも行けてなかったので、久々の観戦だった訳ですが、いろいろと節目の試合になっちゃったね。


続きを読む >>
| もり | TRINITA | 22:12 | comments(2) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

このページの先頭へ